『九鬼 香辛胡麻辣油』商品レビュー

商品レビュー

香辛 胡麻辣油 45g
購入時価格:330円

商品詳細

名称:香味食用油
原材料名:食用ごま油、にんにく、とうがらし、ブラックペッパー、ねぎ、山椒、八角
内容量:45g
賞味期限:約2年
保存方法:直射日光及び高温多湿のところは避けて保存してください。
販売者:九鬼産業株式会社

 

この商品とメーカーのこだわりポイント

商品へのこだわり
添加物を一切使っていない。唐辛子、ブラックペッパー、にんにく、ネギ、山椒、八角の6種類の香辛料を絶妙なバランスで香り高い一番搾りの胡麻油のみで煮出した辛味と旨味のごまラー油。メーカーのこだわり
九鬼産業の油は、明治19(1886)年の創業以来、油の製法の基本が変わっていない。
自社で厳しく品質を検査した原料から、ごま以外の異物を取り除き、焙煎したごまの油分が分離しやすいように蒸気をかけ、圧搾機のしめ具合を微妙に調整してごまをすりつぶし、油をしぼり出している。その後、2週間ほどタンクで静置させた油を、和紙や布などでろ過を繰り返して約1ヶ月半ほどじっくり時間をかけて製品化しています。
九鬼産業のごま油は、安全性にこだわり化学薬品を一切使用しない「圧搾法」によって油をしぼっていいる。この昔ながらの圧搾法は手間がかかりますが、ごま本来が持つ素材の風味を最大限に引き出し、品質の高いごま油をつくるためにこだわり続けている製法。メーカーの安全性への取り組み
また、HPからの問い合わせがあると、原材料の産地や残留農薬検査の結果を専門の部署が確認し、返答をするとう取り組みをしている。いりごま・すりごま・きりごまの一部の商品は、商品名・規格(g数など)・賞味期限を入力するとその場で見られる仕組みになっている。

食べた感想


口に入れた時はそこまで辛くなくとにかく香りがいい!最初は辛味よりも香りの良さが際立ちます。飲み込む時や後味はピリ辛です。
激辛ではないので、大人の方は美味しく味わえる辛さです。ただ、最後に辛味が口の中にしばらく残るので、小さなお子さんは食べない方がよいです。(9歳の長男は大好き)
様々な香辛料で煮出してありますが、豊かな香りはありますが癖がなく八角が苦手な私でも食べられました。何よりも、癖になる!また食べたくなる味です。さすが胡麻油で有名な九鬼だけあり、美味しい辣油に仕上がっています。ちなみに、これを勧めた親戚、友人、みんな癖になりハマってしまっています。
醤油系の味付けにかけても良し、ゴマだれ系にかけても良し、めんつゆ系にかけても良し、です。
今の時期は、ワンパターンになりがちなそうめんにかけてアレンジするのがオススメです!
旦那さんのお酒のおつまみに冷奴にかけたりするのも、超オススメです!

ずぼママ的「ここがイイね!」

 

ずぼママ
ずぼママ

ごま油で有名な九鬼さんの商品。この商品のごま油も一番搾りの香り高いごま油を使用しているとのこと。添加物は一切なしで、ずぼママは昔は食べるラー油っていう商品が大好きだったんだけど、添加物がいっぱい入っていたのが気になって食べるのをやめました。同じように辛味を足せる商品をずっと探していて、見つけたのがこの商品。香辛料に八角と山椒が入っているが、両方とも苦手なずぼママでも美味しく食べられる癖のなさ。(八角の香りが強い金華ハムとかは食べられません。)癖はないのだけれど、一度たべたら癖になる味。出会ってから、わが家にはずっと買い置きがあります。ちょっと辛味が欲しいとき、たらりと料理にたらすだけで、美味しさアップします。
わが家は辛いのがダメな2歳児、5歳児がいるので、辛いものが食べたくても、なかなか大皿料理で辛いものは難しいのですが、その日の辛味が合いそうなメニューを自分の分だけ取り分けて上から垂らすだけで、手軽にピリ辛料理に変身するのがとてもいいです。

ずぼママオススメの使い方
🔹冷奴にかける
🔹つけ麺のつゆに入れる(そうめん、うどん、そば、何でも合います!)
🔹餃子のつけだれに、醤油、酢とともに
🔹完成した担々麺にかける

総合評価

項目別評価
価格◯ 一見ごく少量でこの価格は高く感じるが、この味を食べれば納得。1度に少量しか使わないので、意外と減らずに楽しめます。
原材料◎ シンプルな原材料が安心。
味◎ 夫、わたし、長男(9歳)は大好き。5歳児、2歳児には辛い。
量△ もう少し沢山入っていると嬉しいが、美味しさが病みつきで買ってしまう。
リピートしたいか◎ これは常に2本わが家にストックがあるお気に入り商品。

評価方法:◎すごくいい ◯いい △普通 ーよくない

 

少量なので、価格と量の評価が少し下がっていますが、ずぼママお気に入りで何度もリピートしている商品です!これがなくなったらわが家の食卓は成り立たない、というくらいちょこちょこ使っています。
胡麻油45gで330円だと、1kgに換算すると7377円ぐらい。。。めっちゃ高級!!!!
でも、炒めたりして料理に使うわけではないので、1回に小さじ1杯も使わないことを考えると、贅沢品ですが、この美味しさを知ってしまうとやっぱり食べたくなってしまいます。

同じような商品で、九鬼から出ている『煮出し胡麻辣油』という商品があるのですが、こちらは本当にシンプルに唐辛子で辛味を出しているだけの辣油なので、今回のご紹介している商品とは違うものなので、間違えて買わないようにして下さい!

わたし、一度間違えて買ったことがあります。もちろん、すごく美味しかったのですが、ただの辛い辣油なので、せっかく買うなら芳醇な癖になる味わいのある香辛胡麻辣油の方が、オススメです!

ちょっと贅沢ですが、料理の幅が広がりアレンジが楽しめるので、辛いものが好きな方にはぜひぜひ一度買ってみてもらいたい商品です!

以上、『九鬼 香辛胡麻辣油』商品レビューでした!

created by Rinker
九鬼
¥398 (2018/11/14 20:11:21時点 Amazon調べ-詳細)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント