すぐやらなきゃ絶対損!簡単で安価にお風呂の塩素を無害化できる方法。

健康
ずぼママ
ずぼママ

こんにちは!水道水の塩素を塩素チェッカーで可視化してチェックするほど、普段からお水には関心の高い、ずぼママです。
塩素が体に毒だというのは、誰もがどこかで聞いたことがあるはずです。
日本の水道水には、消毒の意味で塩素が加えられています。
最近では、飲む水は浄水器で除去している方も多いでしょう。
しかし、お風呂の塩素も気になるところ。
ちゃんと、お風呂の塩素対策もしてますか?

今回は、お風呂の塩素問題を解決するアイテムとしてこの2つをご紹介します!

シャワー型浄水器
アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンC)

水道水の塩素の問題

日本の水道水には、塩素が加えられているのはご存知ですよね。

細菌の繁殖を防ぐため、水の品質を保つ為に入れられています。

しかし、人体にとってはこの塩素自体が有害です。

自宅で飲む水についての記事を先日書きましたが、塩素をそのまま一緒に体に取り込まない為に浄水器で除去したり、あるいはウォーターサーバーなどの水を飲んだり、塩素を取り込まない工夫が必要だというお話をしました。

※詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ
もう水道水は怖くて飲めない!安全な水にお金がかかる時代にベストな水は?

この塩素の問題は、飲み水だけに限られません。

実際、お風呂の蛇口から出る水道水も塩素チェッカーで可視化しましたが、キッチンの蛇口から出る水と同じ位塩素の反応が出ました。

そのまま水道水のお風呂に入るということは、塩素の水を身体中から取り込むということですね。
つまり、塩素が経皮毒として取り込まれるということになります。

経皮毒とは 皮膚から有害性のある化学物質が吸収されること

Wikipediaより

お風呂では、体が通常時より温まり、全身の毛穴が開いている為、普段以上に塩素を体内に取り込みやすい状態になっていると言えます。

日本の水道水に含まれている塩素の濃度基準を知っていますか?

日本では、塩素の下限が0.1ppmとされています。

しかし、海外では上限が定められていることが多く、アメリカでは上限が0.1ppmです。

そして、なんとフランスでは0.01ppmが上限とされています。

海外では、なぜ上限が定められているのか。

それは、塩素が体に毒だからです。

アメリカでは1ppmになると人体に重大な影響が出るとされています。

それなのに、東京や埼玉では1.5ppmほどの塩素濃度だそうです。

日本の基準、怖くないですか???

また、塩素は25℃で揮発しガス化します。

お風呂って、何℃ですか?
だいたい、40℃以上ですよね。

ということは、呼吸器からも塩素を吸入してしまいます。

シャワーを浴びると、気化した塩素が呼吸や皮膚呼吸によって血液中に取り込まれ、体内を巡ります。
その摂取量は、水を飲んだ時と比べるとお風呂で取り込む塩素の量は100倍にもなるそうです。

この塩素はタンパク質を酸化させる為、肌や髪を痛める原因にもなっています。

肌の場合
・肌荒れ
・シワ
・しみ
・そばかす

髪の場合
・枝毛
・脱毛
・切れ毛
・髪質の劣化

肌のバリアーがまだ弱い赤ちゃんは、この塩素の殺菌力がアダとなって、アトピー性皮膚炎を発症することもあるそうです。

この塩素、お風呂で取り込まない為に、なんとかしたくないですか?

お風呂での塩素対策

そこで、わが家ではいくつかの対策をとっています。
順番にみていきましょう!

シャワーの塩素対策

何気に一番危ないのがシャワーだったりします。

シャワーを出している間中、塩素が揮発し続けます。
つまり、体や髪を流している間、シャワーヘッドのお湯から揮発する塩素を吸い込み続けることになります。

湯船の場合は、沸かしたてを避けるだけでも少し塩素の減少が見込めますが(それでもそのまま入るのははばかられますが)、シャワーは常に出たての状態が続くので、それこそものすごい量になります。

そのため、塩素を除去するシャワーヘッドを使っています。
わが家で使っているのは、この素粒水のシャワーヘッドです。

created by Rinker
フリーサイエンス
¥18,800 (2018/11/14 21:37:48時点 Amazon調べ-詳細)

このシャワーヘッドに交換することで塩素を除去できるので、安心してシャワーが使えます。
乾燥しがちなアトピー体質の長男の肌も、このシャワーヘッドにしてから、とても調子がよくなりました。

シャワーヘッドはくるくる回すだけで簡単に取り外して替えられるので、賃貸でも大丈夫です!
シャワーヘッドの接続部分が万が一標準の形に合わない場合でも、別途3つの形状の違うボルトが付属されているので、ボルトを間にかませることで、簡単に使用できるようになります。

このシャワーヘッドをおすすめする理由は、繊維状の活性炭フィルターでの高性能の浄水機能に加え、シャワーヘッド部分に粒状の樹脂のフィルターを作ることにより、その部分を通ることで還元力のある水になります。

還元力があるということは、生物細胞の酸化を抑制するので、お肌にも髪にもとってもいいです!
健康に良いのはもちろん、美容にも嬉しい効果です!

浄水機能プラスアルファの性能が、このシャワーヘッドのすごいところです。

素粒水には自浄作用があり、この効果は半永久的に続くと言われています。
そのため、下水に流せば流すだけ、環境にも優しいです。
お風呂の排水溝もぬめりにくくなるので、お掃除が以前より楽になります。

この水は長期間腐らないので、いざという時の為に大きめのタンクに貯めておくと非常時にも役立つと思います!メーカーの実験では、素粒水を常温保存した水が4年間品質に変化なしで飲料水の企画に適合していることが確認されています。

これ、すごくないですか???

このシャワーヘッドから出てくる水も素粒水で、台所用浄水器と同じように水の品質は確かなのですが、今の日本の法律上説明書には「飲用不可」との記載が必要なようです。

メーカーさんに問い合わせてお水の品質確認はできたので、自己判断で、私は飲んでます♪
スッと体に吸収されていく感覚があって、飲みやすくてとっても美味しいです。

お米炊いたり、お茶作ったり、色々大活躍だったりします。

湯船のお湯の塩素対策

シャワーヘッドでそのままお湯をはれば塩素対策はバッチリですが、カートリッジも安くはないし、そもそもシャワーヘッドを買うのはまだちょっとためらっている・・・という方もいると思います。

そんな場合は、アスコルビン酸ナトリウム(ビタミンC)を湯船に入れるのがおすすめです!

ビタミンCは塩素と結合すると、中和されて塩化ナトリウム(食塩)になるので、無害化します。

わが家では、安全性を考えて食品レベルのビタミンCを入れています!

created by Rinker
ニチエー(nichie)
¥1,680 (2018/11/14 21:37:49時点 Amazon調べ-詳細)

1キロも入っていて、1回1ccで良いので、毎日使ってもだいぶ持ちます!

この商品には、付属で1ccの軽量スプーンがついていて、ジッパーがついているので使うたびにジッパーを開けて付属の軽量スプーン1杯分をお風呂のお湯に入れるだけでいいので、とっても楽です。

長持ちするのに値段が安いので、シャワーヘッドは買えないけど、湯船くらいは塩素対策をしておきたいと考えている方にもとってもおすすめしたいです。

わたしは文系で化学にはうといので、化学式を見てもよくわからなかったので、ビタミンCを入れたお風呂のお湯を塩素チェッカーで確認しましたが、透明になっていたので、ちゃんと除去されていることが目に見えてわかり、安心しました!

ビタミンCの入っているものならなんでもいいので、ここで紹介したビタミンC(アスコルビン酸ナトリウム)の代わりに、飲んだ後のお茶の葉や柑橘類の皮なんかを代わりに入れてもOKです!

ただ、注意して欲しいのは無農薬の物じゃないと、塩素は中和したけど農薬を体内に取り入れてしまうことになるので、別のもので代用するときは、必ず無農薬の物にしてくださいね!

わが家は冬に無農薬のみかんを箱買いすることがあるので、そんな時は食べたみかんの皮を捨てずに、乾燥させて保存しておき、お風呂の塩素中和に使っています。

ただ、干す時にしっかり干さないと、水分がカビの原因になるので、乾燥して保存する場合はカピカピになるまで干してください!私は一度乾燥が足りないまま保存して、痛い目を見ています。

手間を惜しまない方には、みかんの香りに癒される天然の入浴剤になるので、みかんの皮おすすめします。

ただ、手間をかけたくない方にはアスコルビン酸ナトリウムが安価で楽で断然おすすめです。

お風呂の塩素について まとめ

お風呂の塩素がとても危険だということがわかっていただけたのではないでしょうか。

塩素が体に与えるデメリットをよく考え、自分のできる範囲で少しでもお風呂の水にも対策をしましょう。

飲む水よりもむしろお風呂で取り込む塩素の量の方が多いことに驚いた方も多いのではないでしょうか。

健康の為にも、美容の為にも、塩素は百害あって一利なしです。

今回ご紹介した塩素対策に有効な手段は、

シャワーの場合:浄水器型シャワーヘッド

ぜひ、早速、塩素対策を始めてみてください。

わが家のように、肌の変化で実感できるはずです。
特に冬場のお肌の乾燥が和らぐ感覚は、塩素除去してみると納得してもらえると思います♪

大切な家族のために、できることだけでもすぐに始めて欲しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

 

コメント